「MySQL 5.5の導入手順」の版間の差分

提供: Software Development Memo
移動先: 案内検索
(ページの作成: Category:ソフトウェア開発Category:導入手順 {{Stub}} MySQLのバージョンが5.5になり、5.1の時と比較して導入手順に若干変化があった...)
 
(MySQL)
42行目: 42行目:
  
 
ユーザ「mysql」を作成し、DBを初期化します。
 
ユーザ「mysql」を作成し、DBを初期化します。
 +
 +
MySQLのバイナリにパスを通すため、「/etc/bashrc」に以下を追記します。
 +
 +
export PATH=$PATH:/usr/local/mysql/bin

2012年11月12日 (月) 15:31時点における版


注意 : このページ「MySQL 5.5の導入手順」は、現在書きかけの状態です。完成版に向けて、今後加筆・修正します。また、本ページの内容は全体的な整合性が取れていない可能性があります。

MySQLのバージョンが5.5になり、5.1の時と比較して導入手順に若干変化があったため改めて導入手順を記述します。

環境

  • OS : CentOS 6.3 x86-64
  • Web Server : Apache 2.2.17
  • Database : MySQL 5.1.54

インストール

CMake

バージョン5.5よりビルドツールにCMakeを使用するようになったため、追加でインストールします。

yum -y install cmake

ncurses-devel

MySQLインストール時に必要なライブラリをインストールします。

yum -y install ncurses-devel

MySQL

入手先 : http://www-jp.mysql.com/downloads/mysql/

$ tar zvxf mysql-5.5.28.tar.gz
$ cd mysql-5.5.28
$ cmake .
$ make
# make install

設定

MySQL

ユーザ「mysql」を作成し、DBを初期化します。

MySQLのバイナリにパスを通すため、「/etc/bashrc」に以下を追記します。

export PATH=$PATH:/usr/local/mysql/bin