Hyper-V/導入手順

提供: Software Development Memo
移動先: 案内検索


Hyper-Vを使用して、「Windows 2003 Server x86」のゲストOSを2台する際の作業メモを記述します。2台目のゲストOSは、新規に構築するのではなく、1台目の複製により作成します。

Hyper-V導入

Windows 2008 Serverをインストール後、役割にHyper-Vを導入します。次にHyper-Vアップデートである「KB950050」を導入します。導入後、「Hyper-V マネージャ」のバージョンが「6.0.6001.18016」となっていることを確認します。

ゲストOSのインストール

ゲストOSの環境を作成し、OSのインストールを開始します。

Hyper-V 20090621 01.png 

ホストOS(Windows 2008 Server)にはリモートデスクトップでアクセスした場合、ゲストOSに「統合サービス」をインストールしなければ、マウス操作ができません。

Hyper-V 20090621 02.png

これはホストOSをリモート操作する場合の制約となります。「Hyper-V マネージャ」はダウンロード可能ですが、Vistaのみがインストール可能です。

統合サービスの導入

「統合サービス」の導入には、SP2のインストールが必須となります。SP2をインストールをしていないとエラーが発生します。

Hyper-V 20090621 03.png
Hyper-V 20090621 04.png

対応ゲストOS一覧 : http://www.microsoft.com/windowsserver2008/en/us/hyperv-supported-guest-os.aspx

SP2未満の場合、Windows Updateを利用してアップグレードします。Windows Updateを利用する際、「レガシーネットワーク」の導入が必須となります。

SP2導入後、統合サービスをインストールします。

Hyper-V 20090621 05.png

環境の複製

複製には2通りの手段があります。

  • エクスポート&インポートを実施
  • HDD複製 -> 仮想マシンを新たに作成 -> 複製したHDDを選択
Hyper-V 20090621 06.png

複製後、コンピュータ名やIPアドレスの重複が起こらないように設定を変更します。また、Sysprepを使用して別のSIDを生成する必要があります。

Hyper-V 20090621 07.png
コンピュータ名の重複例

更新履歴

  • 2009/06/21
    • ページ作成