VMware ESXi 4.1メモ

提供: Software Development Memo
移動先: 案内検索


VMware vCenter ConverterでP2Vができない

Windows 7 64bitにおいて、VMware vCenter Converter4.3.0を使用してローカルマシンのP2Vを行う場合、管理者権限で実行しないとソース(ローカル)ディスクが認識されず、処理が続行できません。管理者権限で実行すればソースディスクは正しく表示されます。

アクセラレーション機能を有効にしてゲストOSのパフォーマンスを上げる

事象
Virtual Server 2005 R2のWindows 2000 ServerをESXi 4.1にvCenter Converter4.3.0でV2V移行をしたが、パフォーマンスが低い。
想定される原因
アクセラレーション機能が無効となっていたため。
対処方法
[設定の編集]->[オプション]->[全般]->[アクセラレーション機能を無効にする]のチェックをはずす。
その他
パフォーマンスが向上しただけでなく、ホストOSのCPU使用率も低下。4台のWindows 2000 Serverをアクセラレーション機能ONとすると、CPU使用率が30%から10%程度にDOWN。
新規でゲストOSを作成する場合は、アクセラレーション機能はONになっている。

更新履歴

  • ページ作成 -- 2010年12月28日 (火) 11:23 (JST)